アメリカ、テキサス州ヒューストンにMD Anderson Cancer Centerという世界最先端がん治療専門病院が存在します。16年前、WOC資格をこのセンターで取得しました。センターからシャトルバス出ており、私はそのバスに乗ってセンターに通っていました。普段は大きなシャトルバスなのですがたまたまその日は小さなバン乗用車でした。

“おはようございます!”と元気よくバンに乗り込むと

“おはよう!” と黒人ドライバーさんが車内ミラーを見ながら挨拶を返してくれ、その時、口腔内で何かキラキラ光ったのが目に留まったのです。気になって、運転手さんに

“口の中に何か入っているんですか?”と聞くと、

“ああ、これかい” と言ってもう一度、ニコッ、と満面な笑顔を見せてくれました。キラキラは上前歯二本(専門用語は中切歯)が金色だったのです。しかもよく見ると、その金歯1本にアルファベットがイタリック体で一文字ずつ彫金されてありました。

MT、 ???”

“これは僕のイニシャル” と答えてくれました。

“もしかして純金ですか?”と聞くと、

“18金。本当はダイヤモンド歯にしたかったんだけど歯医者ができない、と言ってね”  私は思わず、

“とっても見事な歯です、お似合いです!でも夜、お休みになるときは口を閉じてくださいね。泥棒に盗まれてしまいますよ”といったら

“はっはっはっ!” まばゆい光のような笑顔を見せてくれました。